uranawanaiiのブログです

シンプルに淡々と

東京タワー

東京で音楽を奏でるようになって早いものでもう18年目に突入しました。

 

六本木の小さなクラブのイベントに出ていた知り合いの女性ヴォーカルの方が

どーしてもglobeをカバーしたかったらしく

「マークパンサーさんのパートをやって欲しい…」

と、頼まれて

マークパンサーさんのパートのラップの部分を歌った!?のが始まりでした。

 

何故、この話をしたのかというと…

 

先日、ラジオで東京タワーが12/23に60周年という記念日を迎えるという事を耳にして

当時、六本木から遠目に見える東京タワーが非常に印象的で、

あの頃の季節もちょうど12月だったので懐かしくふと思い出したのです。

 

あの頃の僕は東京で歌うという

田舎者ならではの憧れと期待に胸を膨らませ…

夢と伝説の始まりだと心を躍らせていました。

 

六本木でイベントがあり歌うたびに

東京タワーを遠くに見ながら明るい未来を見つめていました。

 

田舎から出てきた僕からすると

東京のシンボルである

東京タワー

そして

六本木で歌う

このワードにただ浮かれていただけなのかも知れません。

 

東京タワーを眺めていたあの頃の僕は

今、ウクレレカホンを叩いているなんて

想像もしていませんでした。

 

12月は東京タワーに想いを馳せ

初めてステージに立った

あの頃の気持ちを思い出しながら

ウクレレカホンを奏でたいと思います。

 

東京タワー60周年おめでとう!


以上

2assist でした。

 

────────────────

2assist

ウクレレカホンという楽器を持ってuranawanaiiにふらりとやってくるあんちゃん。

 

くるまやラーメン

くるまやラーメンが我が町にも出来たら良いなあと期待を膨らませて早18年、
くるまやラーメンのカレーラーメンが今日も恋しい

ろくしゃかいです。

 

先日メンバーとちょっとしたケンカをしました。

ケンカというか、

僕が「音の異常や異変」に、気づかないのはまずいとかそんな話から、

「この2週間で、お前に何があったんだ!?」

という議論。

 

とりあえず、その議題をスタジオから持ち越してご飯行こうっていう話になり、、

行き着くいた先は某所くるまやラーメン。

 

しかしながら

「お前に何があったんだ!?」

の議題がくるまやラーメンに向かう途中の車内ですぐに解決し、

 

結局ここのところファンキーな食べ物を食べてないという結論に落ち着き、

 

今回ばかりは初めてカレーラーメンを辞めて

チャーシュー麺チャーシュー5枚入りにチャレンジ。

 

久しぶりに肉を食べたせいか

何だかパワーアップした感覚。

舌があばれるわあばれるわ。

 

 

今度は音楽の定義について僕からメンバーに議論を吹っ掛けてしまいました。

 

音楽の定義はなんぞや?

会話は音楽か?

効果音は音楽か?

お経は音楽か?
といった話です。

 

結局なんやかんやあって
「やや痛い子」というレッテルバッチ的な印象を与え
その議論は夜の空の彼方に消えていきました。

 

微妙な空気になった。

 

だけどいつだってウクレレは僕らの間を取り持ってくれる。

食後、車の中でちょっとばかりセッションして、最終的には心が救われました。

 

くるまやラーメンと

ウクレレとくるまと私

 

初冬のほんわか暖かい

アロハな1日でした。


なんだか小学生の日記のようになってしまいました。

 

くるまやラーメン的uranawanaiiのライブ見に来てね♪

 

今週は群馬に行くよ!

────────────────

ろくしゃ かい

2週に1度のメンテナンスあり。

「天才か!?」という上達ぶりを見せた2週間後に「嘘だろ!?」という退行ぶりを発揮する男。

ハンターハンターの念能力で言うところの特質系能力者のような感じかも。

2週間で退行する制約があるのかもしれないが、先々週は凄かった。

Amazon Prime Video「ドキュメンタル」のルールは間違っている

HITOSHI MATSTUMOTO Presentsドキュメンタルのルールについて思うことがあったので

Amazon Primeのコメント欄にでもちょこっと書こうと思ったんだけど

 

「いくつかの理由によりこの商品のレビュー投稿は制限されています」みたいなエラーが出てコメントできない。

仕方ないから、こちらに覚え書きとして残しておくことにします。

 

Amazon Prime(以下Amazon)の宣伝みたいになっちゃうけど、一応リンク貼っておきます。

アフィリエイトとかじゃないです。

 

 

「ドキュメンタル」は芸人さんを6~8人?ほど密室みたいなところに集めて笑わせあいをして誰が一番面白いかを決めるという、松本人志考案のお笑いサバイバルゲーム的なやつです。

 

面白いかどうかは賛否両論、どちらかというとシーズン6はいまのところ否、シーズン5は賛が多かったかなという感じ。

 

で、それはさておき、

これでいいのかドキュメンタル。

 

 

「笑わせあい」と謳っておきながら、

ほぼ「笑わないようにしあい」みたいな

ただの我慢大会になっちゃってる上に

笑ったか笑ってないか の線引きがユルすぎて

特に前半は何を観てるのかよくわからない時間が長く続く。

明らかに表情が笑ってるのにスルーされている人がいたり、それほど笑ってない人を「笑った」とジャッジしたり。

なんとなーく、だらだら松ちゃんとその他大勢を眺めるような、ドキュメンタリーといえばドキュメンタリー。つまんなくもないけどなんだかな。っていう

詳しくはAmazonのコメント欄とかWikipediaにいろいろ書かれているのでそのへんの詳細は省きますが

 

「笑わせあい」になってない元凶はあのイエローカードとレッドカードだと、誰かに強く言いたいのであります。

 

 

イエロー/レッドカードというものは

そもそも選手が反則をした際に警告として出すものである。

「笑ったものは即退場」はわかるとしても、

レッドカードで退場させるべきではない。

反則ではないのだから。

 

完全に笑ったものはK.O.された、ダウン、「負け」という表現でしかるべき扱いを取るのが良いのではなかろうか。

 

オープニング映像からして明らかにルール無用の地下闘技場みたいなところで1対1の笑わせあいのイメージである。もし地下闘技場をイメージしてのこれならば、レッドカードの概念があるのも妙だ。なんでもありならカードはおかしい。

松ちゃんもボクシングや総合好きで、一時はUインター観に行ったりしてたんだから、そのへんはちゃんとしてくれ!

Amazonは「有田と週刊プロレスと」観てる人多いし、流れてきたU系ファンが観ても納得するようなルールにしてほしい。

 

松本人志の脳を持ってすれば、ボクシングやMMAのジャッジの基本要素をドキュメンタルに持ってくるのは難しくないはず。

 

[採点要素]

アグレッシブ(攻め、ネタふり)

ジェネラルシップ(回し)

ディフェンス(ツッコミ、カウンター)

有効なクリーンヒット(ボケ)

 

ジャッジだけでも10分区切りでラウンド分けして、

10ポイントマストシステムみたいな採点方法をきちんと取り入れれば、

「これ笑ってないか?」ぐらいの判定が難しい序盤のフジモンからも減点できる。

 

仕掛けないと減点。回さなくても減点。

すべってもアグレッシブなら加点。

 

戦意喪失や、ずっとタバコ吸ってるとか、

笑っているのをごまかす等の行為をした場合はレッド/イエローカードで警告。

 

クリーンヒットで完全に笑わされてしまったらダウンを取る。

ダウンした者は完全K.O.とするなら一発で負け。2回ダウンしたら負け、でも可。

「失格」とか「退場」ではなく、

表現としては「負け」で良いと思う。

 

ただし、「笑わされた」のではなく「クセで笑ってしまった」「なんとなく笑ってしまった」場合は減点のみならずイエロー、またはレッドカードで警告を行う。

 

ポイントの遷移はプレイヤーにも途中経過として知らせるか、常に確認できるようにしてもいいかもしれない。

 

あと、打撃はローキックだけは認める。

後半の膠着時にロー蹴りあったら面白いはず。

 

以上。妄言多謝。

 

─────────────

あばれうまのりお

眠れない夜はしかたなくAmazon観るかYouTubeでアゲアゲ将棋実況を観てます。

履き心地が最悪な靴下2018

12月に入って1週間。

もう、今年も終わってしまいますね…。

全然、実感がないけど。

 

皆さんは残り少ない2018年

平成最期の年末

いかがお過ごしですか?

どーも!

2assist です。

 

最近、履いている靴下が

洗濯し過ぎ?

なのか何なのか…

ストレスが溜まるほど履き心地が最悪で

今、履いている靴下達をまるごと新しいものに変えようかなぁ

と、思っているのだが…

 

タイミングが悪い。

 

そう!

世間は12月になり2018年も終わりを迎えようとしているのだ!

出来れば2019年という新しい年になるタイミングでスッキリ気持ちよく変えたいのだ!

 

でも…

今のこの靴下の履き心地を我慢するのは正直辛い。

 

今変えるのと…

新年を迎えてから変えるのと…

どちらがイイのだろう?

 

国民投票がもし出来るのであれば

是非、やって欲しいテーマである。

物を大切にするならば

穴が空いているわけでもないので履けるし新年を迎えるタイミングでイイのだが…

 

この履き心地ストレスと、年末まで戦わないといけない。

 

ならばいっそのこと、靴下を新メンバーに入れ替えて

年末の様々なイベントを乗り越えて

気持ちのイイまま新年を迎えるのもありか?

 

どうしよう…

 

このまま

悩んでいる間に

2018年が終わりを迎えそうで怖い。

 

 

以上

2assist でした!

また、来週❤️

 

──────────────

2assist


f:id:uranawanaii:20181207205011j:image

uranawanaiiに時々遊びにやってくるスナフキン的立ち位置のシンガー。

シンガーでありながらuranawanaiiではウクレレカホンを叩いている。

コタツでアロハ

こんにちは、算数100点数学0点でお馴染みuranawanaii、ろくしゃかいです。



f:id:uranawanaii:20181207090702j:image

 

ついつい夏の延長気分でいた11月上旬から
あっという間1ヶ月が過ぎ、いよいよコタツでアロハの季節に差し掛かってきましたね。

僕はこの季節がとても苦手で、どのくらい苦手かといいますと、

悟空がスーパーサイヤジンゴッドになって、手に元気玉を貯めた状態で、
ウクレレアルペジオで優しく弾くくらい苦手です。


f:id:uranawanaii:20181207090721j:image

そう、なぜ悟空が、でて来たかといいますと
僕は悟空なのでは?と思ってしまうほど週3回くらい夢に出てくるからです。

出るというか、僕が悟空になっているんです。

夢というものは面白いもので、自分が興味ある分野がミックスジュースの、如く、やみなべの如く
ごちゃ混ぜででて来るんです。

スーパーサイヤジンゴッドになった僕がウクレレアルペジオで弾いてるんですが思うように弾けなさすぎて、
あげくのはてにくるまやラーメンのカレーラーメンを食べているという神回があったり、

実は同じジャンプの裏マンガのI'sの伊織ちゃんが好きで、告白したけどフラれたりとか、

色んな夢を見ます。


f:id:uranawanaii:20181207090731j:image

最近SF映画にはまりだしたので、
もしかしたらSF的な夢も乱入してくるかもしれないと、最近寝るのが楽しみです。

「睡眠」

それは一時のアドベンチャー

7時間のアドベンチャー

この7時間の為の17時間をどう過ごすのか、、

そう考えると、7時間の為の材料集めのようで、
毎日が楽しくなる。


そう考えたら、この季節も好きになれる。

ありがとう、コタツでアロハ
アロハでアロン。

 

ラーメンいただきます。

 

───────────

ろくしゃ かい

 

※「コタツでアロハ」と書いているが、たぶんuranawanaiiの曲「コタツでトコナツ」の事を指していると思われる。

自分たちのアルバムに入っている曲なのに、いまだにタイトルうろ覚えの男。

 

uranawanaii 1st Album

ウクレレスケッチ

https://uranawanaii.thebase.in

からご購入いただけます。

 

 

M-1グランプリ2018を観て思った事

2018年、平成30年ですか。

もうすぐ今年も終わりですな。

平成最後の師走という感じで、いろいろと焦ってますけれども。

 

お店やりまーす

開業しまーす

とは言ったものの

 

「どう?順調?」と聞かれたりすると

果たして順調なのか、そうでないのか

よくわからない。

まさに、一瞬先はハプニング。ンムフフ。

アントニオ猪木です。

 

えー、今年もM-1グランプリを録画してたので

こいつら面白れえな!とか

こいつらつまんねえな!とか

迷わず行けよ!とか

言ったり言わなかったりしながら観たぞコノヤロー!!ンムフフ。

 

そんなこんなで、

ジャルジャルはラストイヤー」とか言われてみると、

M-1って今結成してから15年縛りだっけ?

15年前?ジャルジャル結成ってどのあたりになるの?

なんつってね、気になって

絶対思い出せる自信があるからググんないということに自分の中でなりまして

 

逆から

2018 霜降り明星

2017 とろサーモン

2016 銀シャリ

2015 トレンディエンジェル

と、思いだしてるところで

2014は、THE MANZAIか、

誰だっけ?

神田うのの親戚と

ゲスの極みの…

ここが出ない。名前が。

ググりたい!!

でもググんない!!

あー!!シアターDで観たのに!!

イジリー岡田西恵利香(その時の司会)の顔しか出てこない!!

 

とりあえず保留して。

※※※※※※※※※

はてなブログからWikipediaにて調べましたところ、ここで間違いが発生。2011パンクブーブー、2012ハマカーン、2013ウーマンラッシュアワー、2014博多華丸大吉です。

※※※※※※※※※

 

2013 確かウーマンラッシュアワー(THE MANZAI)

2012 パンクブーブー(THE MANZAI)

 

2011 笑い飯

2010 パンクブーブー

2009 NON STYLE

2008 サンドウィッチマン

2007 チュートリアル

2006 ブラックマヨネーズ

2005 アンタッチャブル

2004 フットボールアワー

2003 ますだおかだ

2002 中川家

最初のM-1は10回までだったから、この辺は多分あっているはず。

2014だけ名前が出てこないのがかなりショックだけど、

15年前って2004年なんだなぁ。

あれ?2018-15だから2003年から数えるのかな?

となると、ますだおかだが優勝したころにジャルジャルが結成ということか(違う)。

 

俺はそんとき何してたかな。

 

ジャルジャルを初めて認識したのは

若槻千夏がやってたブログ「麻婆豆腐は飲み物です」で

普段は若槻千夏のブログなんか読んでないのになぜかたまたま読んでて

そんときの記事に

「めちゃくちゃ面白くてハマってる芸人さんがいます!」みたいな事が書いてあって、

それがジャルジャルだったと記憶しておりますが、

若槻千夏がグラビアから明石家さんまの番組でめちゃんこ跳ねたかなんかで

気付いたらブログの女王みたいになってた頃。

ということは、俺が吉岡美穂インリン・オブ・ジョイトイのグラビアを見つけては切り抜いていた頃に合致する。

いつだよ!!

 

まあそれはいいとして、

15年か。

高円寺の大陸バー彦六は、

ジャルジャルと同期だった、と考えると

長いようで短くて

まだまだこれからっていう感じだったんだろうな。

 

私は芸人さんではありませんのでM-1には出ませんが、

来年4月より、大陸バー彦六の後を受け継ぎ、

新たに開業デビューいたします。

15年はM-1だと思ってチャレンジするしかねえな。とか思いました。

 

結局、2014年は思い出せませんでした。

悔しいです!!

 

中川家が優勝した1回目は実績には2001年です。筆者が何故か博多華丸を抜かすという重大なミスがあった為、完全に1年ずつズレておりますが、「自分の記憶だけを元に書く」という意図から、修正はいたしません。

 

────────────

あばれうまのりお

uranawanaiiの歌とウクレレを担当。

一時グラビア収集家だったが、

部屋のスペースをがひっ迫されてどうしようもなかったので引退。現在に至る。

 

ゴリゴリ

ゴリゴリに酔ってしまったのは理由がありまして

 

知人(というか以前バンド組んでたメンバー)のお店

花小金井のオリーブというお店で

「いやー、ちょっと高円寺でお店開業することになったんで」なんつって

修行させてくれ!みたいな事でね。

終電で帰ってますが、、、

 

4月の1日からお店を開くということで、

ちょっと今、完全に焦ってます。

 

というか、焦ってる時って人生面白い。

今とにかく焦ったほうがいい。

足掻いたほうがいい。

そんなタイミング。

どうせ、俺がロックスターだったら26歳で死んでたんだから大丈夫。

なんてことない。

 

そんな気持ちで風を浴びながら帰ってます。

 

ホッピーは飲み過ぎないほうがいい。

 

─────────────

あばれうまのりお

uranawanaiiのボーカル&ウクレレ&コーラス担当